この名前にピンと来る人は、NHK大河ドラマ通!

 

このボトル、いえ、この銘柄名、どこかで見たことある!

と思った方、あなたはかなりのNHK大河ドラマ通ですね。

2018年のNHK大河ドラマは「せごどん」。

そう、西郷隆盛が主人公。

舞台は鹿児島です。

 

このボトルの銘柄名、読めますか?

「cangoxina」

カンゴシナと発音します。

はい、これ、ポルトガル語で「鹿児島」のことを指します。

え、ドラマ「西郷どん(せごどん)」の1回目にでてきた、あれだって?

気が付きましたか?

はい、第1話、主人公西郷隆盛の少年時代のお話です。元気な薩摩の少年、西郷小吉は、次期に薩摩藩主となる島津斉彬から紙に包まれた菓子をもらいます。その紙に書かれていたのがこの文字。その紙は南蛮より渡来した地図だったのです。

不思議な文字は、実はわが郷土、鹿児島のことを指し、自分たちの住む場所は世界から見ればほんの小さな地域であることを知ります。

以後、小吉は、「cangoxina」と書かれた地図をお守りのように大切にします。

 

で、この「cangoxina」と名付けられた焼酎があります。

もちろん、薩摩の芋焼酎。

晴耕雨読や不二才で知られる佐多宗二商店の商品です。

「せごどん」にあやかってか、2018年のみの限定発売。

アルコール28度でしっかり骨太。しかしなめらかさとクリーンな風味が後を引くタイプ。

大河ドラマにあやかって、あなたも飲んでみる?

 

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2018年2月16日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.
ページの先頭に戻る