亥=猪ラベルのワイン、元祖はこれ! 「チニャーレ」

 

明けましておめでとうございます。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は亥(いのしし)年。猪は子作りが上手なので子孫繁栄の生き物、また勇敢な動物とされています。
また、亥は五行で水に関係しているため、火事にならないともいわれているとか。
はい、亥年の豆知識。

さて、イノシシのイラストや「猪」「亥」の文字があしらわれたラベルの日本酒や焼酎、ワインが人気です。
特にワインの中で、イノシシ柄のラベルの元祖といえば、「チニャーレ」。
日本のワインではなく、イタリアの赤ワイン。
「チニャーレ」とは、ずばり「猪」のイタリア語。
正式名称は、「チニャーレ・ コッリ・ デッラ・ トスカーナ・ チェントラーレ・ カステッロ・ ディ・ クエルチェート/
Cignale Colli della Toscana Centrale Castello Di Querceto」

ながっ。

細かく説明してみよう。
「コッリ・デッラ・トスカーナ・チェントラーレ」は、このワインが生まれる場所。
人気のキャンティ地区の中にあります。
「カステッロ・ディ・クエルチェート」は、メーカー名。
有機栽培でワイン造りを行う人気のワイナリーです。
「チニャーレ=猪」はワインの愛称みたいなものですね。

長々と覚えなくても「チニャーレ」だけおぼえてオッケー。

カベルネ・ソーヴィニョンとメルローから造られるこのワインは、
グラスに注げば先が見えないくらい濃厚な赤、いえ、黒といってもいいくらいの濃い系赤ワイン。
香りも味わいもとってもパワフル。
しっかり熟成させて飲みたいところですが、
今飲むなら脂身たっぷりの野趣あふれる赤身肉、はい、そう、もちろん、猪の肉があうってことです。
たっぷりの胡椒を添えてね。

 

 

 

 

画像は、Castello Di QuercetoのHPより

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2019年1月1日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.
ページの先頭に戻る