どれもきいたことがある呼び名です。
いずれも「氷のお菓子」です。
でもどれも微妙に違います。

まずは、「ソルベsorbet」はフランス語で、果汁やお酒を使った肌理の細かい氷菓のこと。英語では「シャーベットsherbet」。ソルベと同じですが、語源は細かい氷の入った飲み物を指すアラビア語「シャルバート」だと言われています。

ただ、「ソルベ」よりも「シャーベット」のほうが、砂糖や卵(メレンゲ)、ミルク、またときにゼラチンなどを使用して甘く作られる、いわばデザートとして楽しまれることが多いように思えます。

より甘味が少なく、氷に近いものが「グラニテGranité」。フランス語で「ざらざらした」「ごつごつした」の意味があり、氷を削るようなニュアンスの名前で、まさにかき氷に近いものを指します。語源は「花崗岩」などごつごつした石を指すようです。まさにかき氷っぽいですよね。「ソルベ」「シャーベット」と比べると、糖分が少なく氷の肌理も粗く、よりじゃりじゃりと氷に近い食感です。

フランスの「グラニテ」は、もとはイタリアの「グラニータGranita」からきているようです。フランスの「グラニテ」よりももっと果汁や糖分が多く氷も細かくねっとりとして、ブリオッシュにはさんで食べたりもする、デザートに近いものです。

デザートに近いと言えば、イタリアの「ジェラート」がそうでしょう。「グラニータ」よりも乳脂肪や果汁、ナッツにコーヒーなど味わいの素材は多岐にわたり、ねっとりむっちりと濃厚です。ですが、アイスクリームとは違い乳脂肪分も低めで、ソルベやグラニテと同じ「氷菓」になります。

 

そうそう、ここはスイーツのお話ではなく、フランス料理のお話。

グラニテやソルベは、フランス料理の途中で登場します。前菜と主菜の間、もしくは、魚料理と肉料理の間に「お口直し」として出されるのです。食事の途中なので、甘味や果汁分はぐっと少なく、ときにミントやレモンなど爽やかな風味の素材ををベースにします。みずみずしく、口を洗ってさっぱりさせ、次のお料理を美味しくしてくれます。懐石料理でいうところの「箸洗い」に近いかもしれません。ソルベやグラニテは食事の途中に出ることもありますが、シャーベットやジェラートはやはり食後がおいしいですね。

ホームパーティなどでも、途中で甘くないグラニテをお出しするものオシャレですね。フランス風の箸休め、上手に使いこなしてみてください。

また、フルコースの途中に出てきても驚かないで。お口直しの意味を忘れず、楽しんでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像は、オシャレなティーンサイト madmoisell.com より

 

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2016年2月29日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.