夏にお勧めのスパークリングワイン。

スパークリングといえば、白かロゼという感じがしますが、赤ワインでもスパークリングがあります。

その代表は、イタリアの「ランブルスコ」。

フランスのシャンパーニュやスペインのカバみたいにしっかりシュワシュワの泡があるわけではありませんが、それでも心地いいナチュラルな炭酸入りがあり、しっかり色もついた赤ワインです。

産地は、イタリア中部、エミリア・ロマーニャ州。生ハムやパルミジアーノ・チーズで有名なパルマや、バルサミコのふるさとモデナ、ミートソーススパゲッティの発祥、ボローニャなど美食の町が点在するグルメ地域ともいわれています。

ランブルスコはそんなおいしい場所で生まれた発泡ワインなのです。

 

「ランブルスコ」とは、品種の名前です。味わいは、軽いものからしっかりコクのあるもの、辛口から甘口まで実に多様ですし、赤だけではなく、ロゼも白もあります。でも、ここはやっぱり基本の赤をお勧めしましょう。

スパークリングだけど、赤ワインらしい渋味も同時に楽しめるからです。白やロゼと同じではつまらないですよね。

お勧めの銘柄は、「ランブルスコ バーチョ」。バーチョはイタリア語で「キス」の意味。そう、だから、インパクトのある唇ラベルなんですね。で、このバーチョ、サッカー選手としてイタリア滞在していたあの中田英寿さんが好んだワインでもあるのです。

はい、おしゃれ度ぐっと増しましたね。

この「バーチョ」、味わいは濃すぎず薄すぎず、フルーティーなバランスで飽きないタイプ。氷を入れて食前に、軽めの肉料理と一緒に、バーベキューにもお勧めです。さらに、ブラックチェリーのタルトなどのデザートとも、幅広く楽しめますよ。

なんてったって、このラベル、パーティー向きですしね。

 

ご興味ある方、輸入元(有限会社)AVICO様まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2017年6月14日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.