「おもてなし」といえば、東京オリンピックか旅館の女将です。ええ、言い切っちゃってもいいくらい、もてなしのプロといえば、とにかく旅館の女将というイメージが強いものです。
旅館に着いたら、まずは着物を着て三つ指ついて柔らかい笑顔で「いらっしゃいませ」「ようこそ」「お疲れ様でした」と迎えてくれます。
これで、ああ温泉に来たなぁと実感するのです。
ロビーに座れば、夏なら冷たい麦茶、冬なら温かい煎茶、丁寧に点てられたお抹茶を出してくれます。
食事の際には、ご挨拶をしに来てくれ、ときには、ビールや日本酒を注いでくれます。
場合によっては、食事後のカラオケスナック(館内の)までお付き合いしてれることも。
でも、翌朝はきっちりお見送りしてくれ、車が見えなくなるまで手を振り、お辞儀をしてくれます。
女将って大変・・・。
お客から見れば、一見女将は華やかで優雅に見えますが、実のところ、これほど大変な仕事はないでしょう。私にはできないなぁ、うん、尊敬。
そんな大変な女将業ですが、わがふるさと、福井が誇る「あわら温泉」の女将は、さらに大変なハードルを越えました。実は、日本酒提供者にとって必要なプロ資格「日本酒きき酒師」の資格を女将全員が取得したのです。すごいでしょ。
日本酒に詳しい女将は意外に少ないものです(残念ながら)が、ここ芦原(あわら)は女将13名が全員資格を持っており、たとえば、福井の地酒をばっちり取りそろえ、一杯目にはどれがいい、越前ガニにはこれがいい、鍋にはこれ、肉にはこれと教えてくれます。
また、品質管理も行き届き、おいしいお燗を提供しくれます。そのうえ、なんと、女将たちが田植えと稲刈りをし、お酒を造っちゃいました。その名も「純米吟醸 女将」。甘口と辛口があります。これまたすごいでしょ。
お部屋やお風呂がよく、料理がよく、サービスがいいお宿はたくさんありますが、お酒の品ぞろえや品質管理、提供方法がしっかりできるお宿は、実はとっても少ないのです。料理は凝って季節感を取り入れ色とりどりに提供するのに、なぜ、日本酒は年中同じ銘柄で、酒器も変えず、温度にも品質にも無頓着なのでしょうか。これ、とってももったいないことです。
接客の最前線でおもてなしをする女将、ぜひ、お酒のことも勉強してください。私のような地酒ファンのお客様は、間違いなく、女将おすすめのお酒を注文するのですから。

 

 

宿泊施設・観光地飲食店様向け、料飲おもてなしサービス研修、やっています。

 

お問い合わせはこちらまで。

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2017年2月5日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.