ソムリエの本領発揮といえば、料理とワインのおいしい組み合わせ提案・提供ですよね。あまたあるワインを、お客様がセレクトした今日の食べたい料理に合わせ、気分(熟成したワインが飲みたい気分とか)と目的(食事に誘った彼女を落としたいとか)と値段(会社で落ちない接待費、安めでいきたいとか)を加味&想像しながら、「本日は、やや熟成し始めたバローロ1993年をメインのレバーソテーにいかがでしょうか?」とか「先ほどお客様が選ばれたジュヴレ・シャンベルタンが本日のローストビーフにはいい組み合わせかと思われます(ワインと料理のルールからはちょっと外れているけど、そんなことはおくびにも出さず)、ワインをよくご存じでいらっしゃいますね」なんて付け加え彼氏をぐぐっと持ち上げたり、「ボルドーのシャトー・ラフィットがチリで造った素晴らしいワインです。もちろんお手頃に楽しんでいただけますよ」など、さりげない心遣いでお勧めをするわけです。

この技をもっと日本酒業界でも生かしたらいいのにと長いこと考えてきました。

日本酒や日本料理の席では、料理は次々と変わるのに最初から最後まで同じ銘柄ということがよくありました。これはつまらない。日本酒は何にでも合うなんて考え方ももう古いです。料理に合った温度もプロに教えてもらいたいし。たま~に体験できるマリアージュ(第3の味わい)にのけぞるほど感動することがありますが、またあれを体験してみたいっ・・・といった日本酒と料理のおいしい組み合わせや新しい発見、ソムリエこそが提案すべきだと思います。

 

ワイン的な発想だとたとえば、「料理と日本酒、同じような香りや味わい、余韻、食感があればおのずとおいしく感じる」という同調・相乗効果の手法をとれば、ばっちりおいしい組み合わせを体験できます。そう、日本酒もまずはワインと同じなのです。

ただ、ワインよりも相乗効果が大!などという組み合わせもあります。たとえば「牡蠣」。旨味凝縮の牡蠣には、アミノ酸たっぷりの日本酒のほうがおいしいことがあります。白カビタイプのチーズ。ワインは時にカビ臭く生臭くなります。日本酒は麹カビから醸されるお酒。麹の風味が白カビとクリーミーさがぴったりです。和食のメインともいえる椀物。スープにワインを合わせることは少ないですが、日本酒だとスープ=汁ものに不思議に合うのです。それはやはり旨味成分の相乗効果。そもそも出汁にも日本酒使われていることが多いですしね。

ソムリエの本領発揮、ソムリエの技術、日本酒世界にも生かしてほしい~ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2017年7月27日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.