今年は春を飛び越え、すぐに夏になってしまったような気候です。暑いですね。SAKE女の皆さんは暑さに負けず「お酒愛」に熱く燃えています。

さて、暑さを吹き飛ばすには、どんなお酒がいいでしょう。

ポイントは、「爽やか」「おしゃれ」「お手頃価格」の3つ。

とすれば、ここはやっぱりスパークリングワインではないでしょうか。今月は、この三つのポイントを押さえたお勧めのスパークリングワインをご紹介していきましょう。

 

まずは、フランス産「クレマン」。

フランスはシャンパーニュじゃないかって? はい、その通り。でも、極端に暑いときにシャンパーニュはやや重い。味わいばかりではなくお値段的にも、ですよね。だって、うんと冷やしてぐびぐび飲みたいでしょ。そんな時には「クレマン」です。

シャンパーニュ以外の地域で造られるフランス産スパークリングワインのことで、お手頃な価格にもかかわらず、シャンパーニュと同じ瓶内自二次発酵で生まれる炭酸はきめ細やかで繊細です。シャンパーニュよりはちょっと柔らかめの泡なので、ごくっといきやすいのも夏向きです。

人気の産地は、ブルゴーニュとアルザス。どちらも普通の白ワイン・ロゼワイン・赤ワインの銘醸地ですが、スパークリングも素晴らしいものがあります。

たとえば、ブルゴーニュ、サントネ村の「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」のクレマン・ド・ブルゴーニュ。厳選したピノ・ノワールから造られる、心地いいコクと爽やかさをもった逸品。ブルゴーニュらしい品格のある味わいであるところが、おしゃれ度高しです。

ちなみに、このドメーヌのオーナー夫人は日本人! ブルゴーニュワインや現地見学にご興味お持ちの場合は、ぜひ、直接ご連絡してみて下さいね!

 

アルザスなら、「ドップ・エ・イリオン」のクレマン・ダルザス。ナチュラルなブドウ栽培とワイン造りを行うワイナリーでパリの三ツ星レストランでも人気です。軽快なコクがあり、魚介のほか鶏肉料理、豚肉料理にもぴったりで、食いしん坊におすすめしたい銘柄です。

 

 

 

 

はい、シャンパーニュばかりがフランスのスパークリングではありません。ぜひ、クレマンの存在、この機会に知ってください。試して下さい。夏の暑さも心地よく感じられるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2017年6月7日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.