女性のワインプロフェッショナルが審査する、フランスのワインコンクール「第11回フェミナリーズ世界ワインコンクール」の審査会が、去る2017年4月6日、ワインのメッカ、ブルゴーニュのボーヌのパレ・ド・コングレにて行われました。今回は日本から日本人女性審査員12名参加。さらに、日本ワイン12社30アイテムが初出品されました。

 

審査の様子はこちらをご覧くださいね。

 

 

 

ここでは、見事入賞を果たした日本ワイン、7社10アイテムをご紹介しましょう。

 

<<金賞>>

●シャトーブリヤン 白 2014/株式会社サドヤ(山梨)

●月山ワイン ソレイユ ルバン ヤマ・ソーヴィニヨン 2014/月山ワインやまぶどう研究所(山形)

●等々力 甲州 2015/株式会社 シャトレーゼ ベルフォーレワイナリー 勝沼ワイナリー(山梨)

●TOMOEマスカット・ベーリーA 木津田ヴィンヤード2015/株式会社 広島三次ワイナリー(広島)

●シルバー 赤沢メルロー 2014/株式会社 エーデルワイン(岩手)

●ハギースパーク 重畳(白スパークリング)2016/大和葡萄酒 株式会社(山梨)

 

<<銀賞>>

●吉祥 ブラン・ド・ブラン(白スパークリング)2014/楠わいなりー 株式会社(長野)

 

<<銅賞>>

●甲州醸し スモーク2015/株式会社 サドヤ(山梨)

●TOMOE シャルドネ 新月 2015/株式会社 広島三次ワイナリー(広島)

●五月長根葡萄園 白 2015/株式会社 エーデルワイン(岩手)

 

 

どうですか? もしかしたら、皆様のご近所のワインがあるのではないですか? ま、ご近所ではなくとも、われらが住む、われらの日本のワインが、世界のワインコンクールで賞を取る時代になったと思うと、なんだかとっても嬉しいですよね。それもワインの本場、フランス、ブルゴーニュのコンクールで認められたとなると嬉しさももひとしおです。世界遺産である和食とともに、日本ワインも世界中の人に味わってもらいたいものです。

 

今回の入賞ワイン、よりおいしい、より楽しい、「飲む順番」をご紹介しましょうか。

 

まずは乾杯に、この2種。

1、ハギースパーク 重畳(白スパークリング)2016/大和葡萄酒 株式会社(山梨)

甲州のスパークリング。爽快さ満点。乾杯のほか、デザートと一緒にも素敵です。

2、吉祥 ブラン・ド・ブラン(白スパークリング)2014/楠わいなりー株式会社(長野)

シャルドネのスパークリング。飽きない味わいです。

 

続いて軽めの前菜とともに

3、等々力 甲州 2015/株式会社 シャトレーゼ ベルフォーレワイナリー 勝沼ワイナリー(山梨)

みずみずしく軽快な甲州。日本の代表品種です。

4、五月長根葡萄園 白 2015/株式会社 エーデルワイン(岩手)

リースリング・リオンの白。ピュアでエレガントな味わい。

 

魚介の料理とともに

5、甲州醸し スモーク2015/株式会社 サドヤ(山梨)

最近注目のオレンジワイン、ちょっと濃厚な甲州。

6、TOMOE シャルドネ 新月 2015/株式会社 広島三次ワイナリー(広島)

フルーティーながら軽めのコクを楽しめる白。

7、シャトーブリヤン 白 2014/株式会社サドヤ(山梨)

セミヨンを樽熟した芳醇な白ワイン。クリームソースとも好相性。

 

軽めの肉料理やパスタと

8、TOMOEマスカット・ベーリーA 木津田ヴィンヤード2015/株式会社 広島三次ワイナリー(広島)

軽快な渋味とジューシーな赤ワイン。お魚料理もOK。

 

メインの肉料理と

9、月山ワイン ソレイユ ルバン ヤマ・ソーヴィニヨン 2014/月山ワインやまぶどう研究所(山形)

やまぶどうの「ヤマソーヴィニオン」、品のいい酸味の際立つ逸品。

10、シルバー 赤沢メルロー 2014/株式会社 エーデルワイン(岩手)

滑らかな渋味と心地いい酸味がバランスのいい赤。

 

 

 

いかがですか?

これでフルコースを楽しめますね。

そう、近いうち、フェミナリーズ入賞ワイン豪華フルコースディナー会などできたらいいですね。

想像するだけでワクワクします。

入賞ワイン、本当におめでとうございます。

日本ワイン、万歳!

 

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2017年4月15日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.