ブルゴーニュのおすすめチーズ、なんてったって「エポワス」!

フランスには村の数と同じだけのチーズがあるといわれています。特にワイン産地ではその土地のワインと合う極上のチーズが長い間変化を遂げ作り続けられてきました。

今回、フェミナリーズ世界ワインコンクールで訪れたブルゴーニュも、チーズファンやグルメが喉を鳴らし、涙を流し喜ぶ、銘醸チーズが数々あります。

 

なかでもトップの人気はなんといっても「エポワス」でしょう。

「EPOISSES」。

この文字を見るだけでうっとりしてしまうのは、かなりのチーズ通。というもの、このエポワス、匂いがとっても強烈なのです。フランスでは「神の足」といわれていることから想像していただけるかと思いますし、日本のくさやにも似ているかもしれません。想像できますか?

 

 

これは、塩水とともにブルゴーニュの地焼酎「マール」を振りかけながら熟成させるため。納豆に似るリネンス菌が繁殖し、匂いが強くなりますが、ねっとりと濃厚な食感と旨味を生み出します。

もとは、シトー会派のあったブルゴーニュ北部エポワス村の修道士が作り始めたものだとか。かの美食家ブリヤ・サヴァラン氏はこのチーズを「チーズの王様」と呼びました。昔は300の造り手がいましたが、最近では激減しているそうです。

 

今回は、近代的なチーズ工場Fromagerie  Gaugry(ゴーグリー)社をお尋ねしました。ワインのメッカ、ボーヌから比較的近く、見学もショッピングも可能。夜にはチーズレストランを楽しめます。

 

 

ここで造られるのは、無殺菌乳であることなど条件の厳しいAOP認定のエポワスを主体に、AOPエポワスの条件に満たない「プティ・ゴーグリー」。

 

 

 

 

よりクリーミーな「ラミ・ディ・シャンベルタン」、

 

 

 

 

 

 

より軽快な「スーマントラン」、

 

 

 

 

 

 

まるでバターのような「ブリヤ・サヴァラン」、

 

 

 

 

シャブリで熟成させた「プレジール・オ・シャブリ」などソフトタイプやウォッシュタイプの熟成チーズをメインに作っており、フランスはもとより日本にも輸入されています。

 

 

 

 

しかし、ここで購入するエポワスは5€。素敵な価格ですねぇ。

エポワスには、熟成したブルゴーニュワインがぴったりですが、熟成の際に使用するマールを合わせるのはもっとおしゃれ。コニャックやアルマニャックよりもぐっと野趣あふれる味わいで、ブルゴーニュの魅力を十分に感じ取れます。日本でなら本格焼酎。甕寝かせの米焼酎など実においしい組み合わせです。甕からくるミネラルの風味とチーズの熟成風味が不思議と重なり合います。お試しください。

 

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2017年4月21日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.