正しい神社参拝のお作法、ご存知ですか?

今年、SAKE女の会は2年周年を迎え、3期目がスタートします。2周年を無事過ごせた感謝とまた3期への発展を祈願し、参拝、あの、あの、神田明神様でやらせていただきます。

身も心も引き締まる思いです。

式典とイベント(午後は「江戸の酒、江戸の食、粋な男女のSAKE祭り」と題したいイベントです!)のお打合せや下見で、3回ほど明神様を訪れました。

そこで気が付いたのは、神田明神様の正式名称は「明神神社」なのですね。ご存知でしたか? あの有名な甘酒屋さんの横にある鳥居にはしっかりと「明神神社」と書かれています。ちなみに、明神とは、日本の神仏習合における仏教的な神の称号なのだとか(wikiより)。神田と付けるのはより身近な、庶民が親しみを込めて呼ぶ名前なのかもしれません。

 

さて、そんなわけで神社を訪れる機会が増えた昨今。

今一度「参拝」の正しい作法を見直してみました。

 

①    先ず服装。参拝の際は極力服装をただすよう心がけたい。

②    鳥居をくぐる際も帰る際にも、一礼。鳥居は、一般社会と神域を区切る結界。ここで気持ちを引き締める。

③    参道の中央は神様が通る道(正中/せいちゅう)なので、中央を避けて進むべし。

④    入手水舎の水で心身を清めるべし。俗界の汚れを落とすべし。

 

■手水の作法

1、右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲んで左手にかけ左手を洗う。
(左手の方が神聖なので左から)
2、次に柄杓を左手に持ち替えて、同じように右手を洗う。
3、 再び柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受けて口をすすぐ。
口もしっかり清める。
4、口をすすぎ終えたら、もう一度水を左手に流す。
5、最後に水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置く。

 

 

⑤    参道を通ってご神前へ進みます。進み方は③と同じ。

⑥    賽銭箱の前に立ったら一礼し真心のしるしとして、賽銭箱にお賽銭を入れる。

⑦    二礼二拍手一礼で拝礼し、会釈をしてから退く。

 

 

 

■拝礼の仕方

1、深いお辞儀を二回。神様に敬意を。[ 二礼 ]
2、次に両手を胸の高さで合わせ、右手を少し手前に引き、
両手を開いて拍手を二回打つ。音を出すことで神様をお招きする。[ 二拍手 ]
3、両手をきちんと合わせながら心を込めて祈る。
4、両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀。感謝を込めて。[ 一礼 ]

 

 

どうですか? こんな風にやっていますか?
この「心を込めて祈る」際、あなたはどんなことを祈っていますか?

私は、祈る内容は秘密ですが、しっかりと住所氏名を述べるようにしています。神様が誰かわからなくなると困りますからね。

さらに、「~~~~~になりますように」ではなく「~~~~~になりますので、よろしくお見守りください」というようにしています。「~~~ように」では、ただ神様に甘えているだけ。みんながみんな甘えだすと神様も大変でしょうからね。

 

で、お賽銭。いくら入れますか?

最近私は50円玉。「十分な5円」の意味を込めて。そしておみくじは必須なので100円~200円も準備。

時折「紙幣」を糖ニュしている人を見かけますが、さて、どうなのでしょう。神様の世界も費用次第…だったらちょっと困りますね…。

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2018年5月13日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.
ページの先頭に戻る