幸福度ってご存知ですか? わがふるさと福井県は、幸福度第1位を連続3回受賞しています。詳しく書けば、一般財団法人日本総合研究所が行っている「全47都道府県幸福度ランキング2018年度版」にて福井県が総合1位になったのです。さらに2014年度、2016年度も同じく総合1位。連続1位で、福井県は、もうとにかくなんてったって日本1幸せな県であるということが公的に認められたのです。

この幸福度、何をもって見極めるかといえば、「仕事」「健康」「教育」「生活」「文化」の各方面の評価基準があり、都道府県の「通信簿」とも「住みやすさランキング」ともいわれています。

福井県のホームページによれば、『福井県には、繊維・眼鏡などのものづくり産業を中心に安定した雇用環境があり、働く女性の割合や共働き率も日本一高く、経済的に安定しています。 また、三世代同居・近居も多く、子どもは親や祖父母に見守られながら安心して勉強や運動に打ち込める環境があり、学力・体力の高さにつながっています。 こうした環境で育った優秀な人材がまた福井県を支えるという好循環が、「幸福度日本一ふくい」の基盤になっています。』とのこと。
女性の私からしても、生活しやすい県なのだと実感できます。

ちなみに、2位は東京、3位は長野、4位が石川、5位が富山という順。福井の近隣が多いなぁという感じますね。

さて、そんな福井で、【第2回 ふくいSAKE女の会】を開催します。今回は、『福井しあわせ元気国体』の開会式に合わせ、2018年9月29日(土)に行います。福井では50年ぶりの国体で、県外からたくさんのお客様がいらっしゃるタイミングです。それゆえ、福井在住の方が、今一度福井の魅力を再確認し、お客様を福井流のおもてなしでお迎えできるように、楽しみながら学びましょうというコンセプトです。題して~福井の酒と食で、しあわせ元気なおもてなし~♪
福井のお酒と食と酒器の魅力を、ワタクシ友田晶子が、わかりやす~く解説します。

もちろん、地元の食材を使った料理に、地元の日本酒とワイン、リキュールを、地元の酒器で、たっぷり楽しんでいただきます。
蔵元様やワイナリー様もご参加します。造り手の方と会えるチャンスです。
福井県在住の方以外のご参加も、もちろん大歓迎!
男性の方も大大歓迎!
この機会に幸福度NO!1の福井にいらっしゃいませんか?

イベントの詳細と思う仕込み。お問合せはこちらまで。

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2018年9月12日
友田晶子 Akiko Toimoda
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。 A native of Fukui Prefecture, Tomoda is a "Total Alcoholic Beverage Consultant and qualified Sommelier, Sake Sommelier, Shochu Advisor, Wine Advisor, Bergen Beer Technical Advisor and Cheese Professional. In 1990, she set up her own company, Alcoholic Beverage Consulting Co., Ltd. A sought-after presenter on the lecture circuit, Tomoda acts as a consultant for importers retailers, hotels, Japanese inns and establishments that serve alcoholic beverages. She is also a popular essayist.